FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日々の実務にかまけて、ブログのアップをサボってました・・・

今年に入って始めてかもしれません(-_-;)

友達と、お客様に 本好きな方が多いので
良く、本を薦められます。。。


ブログの内容も、殆ど 本の内容ばかりですね・・・


これまで、薦められた本を 読んできましたが
これは為になる! と思った本や
これは、作者が自己満足を満たす為に書いた本かなぁ~ 等々

様々な本に出会いましたが、久しぶりに
シンプルに、ヒット した本に出会いました。

中村天風さんを題材とした本なのですが
書き手の方が、とてもシンプルですが
分かりやすく書いていらっしゃいました。

その前に読んだ本が、某納税日本一の方の事を
女性作者が紹介され

いかに、その方が素晴らしいか。。。
を、延々と 書かれていました。

いかに素晴らしいか・・・
その表現に紙面をさき、上面ばかりの
中身のない本でした。

(この本は、読むに耐えませんでした)

※ 私、個人の感想です。

その本の後でしたので、余計に 引き込まれました。

まず、表現のバランスが良かったです。

先の本は、自分の想いだけ・・・
言葉を換えれば、大変視野の狭い事について
重箱の隅をつつくような事を、素晴らしいと書いていらっしゃいましたが

後の本は、その正反対の印象を受けました。

対象となる方の、器量がそうさせるのか
書き手がそうさせるのかは分かりませんが

この本は読んで良かったです。


別に、「オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史」も読みました。

これは、アメリカの歴史の裏側を 大変正確に書いてある
ノンフィクションの史実ですので、小説のような面白さはありませんでしたが
アメリカが、南米で昭和初期 どの様なことをしていたか
キチンと書いてありました。


読んだ限りでは、歴史は勝者によって塗り替えられると言うことを
痛感しました。

歴史の一部分だけをとらえ、問題とする方もいらっしゃいますが
歴史を書いてきた方々が、どの様に書いてきたかという
その、裏側 も 観る必要があると 感じました。

なぜ、その様にしたのか・・・
その背景も含め、考える必要があるのではないでしょうか。



ある国を、暫く統治した 対戦相手国の元帥が 後の発言で
「今から考えるとこの戦争はその国が自衛のため行った戦争だった」と
発言されたそうです。






一つのことに、凝り固まらず
視野を広げ、皆さんが 良い方向に行くようになってほしいものです。

スポンサーサイト
2013.07.09 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pcartsuisaistaff.blog108.fc2.com/tb.php/215-105e81c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。